WORDやEXCELでマニュアル作りが超捗る画面キャプチャのコツ 【Snipping Toolで画面コピーを効率化!】

エクセル ワード 便利ツール

Windows標準アプリケーションのSnipping Toolを使った、効率的にマニュアル作りを作るための画面キャプチャのコツについて解説します。 基幹システムの運用マニュアルや、エクセルの集計作業の手順書などを、操作画面を交えて分かりやすく作成するには、画面キャプチャの操作が多くなります。 画面キャプチャを効率的に行う事は、マニュアル作り全体で見ても、とても重要な事ですので、Print Screenしか知らないような方は、ぜひご一読下さい。

ページ数が多いエクセル資料の印刷で知っておくと便利な6つの設定

エクセル システム管理

設定をミスしてカラー印刷で100枚ムダにしてしまった。用紙を含めた印刷コストが1枚20円位だとすると、一瞬で2,000円の損です。 レーザープリンターだと中止する間もなく印刷が完了するので、ちょっとしたミスで惨事になります。 また、印刷枚数が多い資料の場合、全ページに表題やページ番号を印刷するという基本的な事ができていないと、どの資料のどこをみて欲しいという事を伝えるだけでも苦労する、グダグダな会議になってしまいます。 今回は、そんな印刷枚数が多い資料作成で知っておくべき、印刷設定を紹介いたします。

【Excel分析資料】パレート図とZチャートを業務改善に活かそう!作り方は結構簡単!

エクセル

業績向上を図るための業務改善は1人ではできません。上司や他部署の方などに納得してもらう、動いてもらうためには、「何に集中して業務改善を行えば効果的なのか」が明確になる資料作成が必要です。 ホームページのアクセス解析データを使って、パレート図とZチャートといった分析資料びExcelでの作り方、実際にどう使うのか?という点をざっくりと解説いたします。

Windows Liveメールのサポート終了!代わりに使うメールソフトは何がお得?!

システム管理

2017年1月10日をもって、Windows Liveメールのサポートは終了となり、ダウンロードもできなくなりました。 企業にとって、サポート終了したWindows Liveメールを使い続ける事はリスクしかありません。メールは最も悪用されるウイルスの感染経路ですので、できるだけ早急に(適切な)対応方法を考えて欲しいという「想い」で、代わりになるメールソフトと判断基準について書いてみました。

エクセルの印刷設定で時間をムダにしないために知っておくべき6つの事

エクセル

画面通りに印刷されない。余白調整がうまくいかない。折角キッチリ1枚で印刷するように作ったのに、違うプリンタやPDFに出力したら右端が切れて2枚印刷されてしまった。 今回はこのようなExcelでの印刷ミスを未然に防ぐような設定方法を説明します。完全に印刷時のミスやトラブルを無くす事は難しいですが、できるだけ無くしたいものですね。

Excel定例資料のミスってどうやって無くすの?チェックリストで業務の見える化を!

エクセル

エクセルはミスが起きやすい業務です。 また、自分で作って自分でチェックする事も多く、作った人にしかわからない、困ったエクセルになりかねません。 品質管理で使うチェックリスト。エクセル業務においてもチェックリストは、ミスを減らす、業務効率化、属人化の解消に役立ちます。

CSVって何?ExcelでCSVファイルを開く方法を深掘り!

エクセル

ExcelでCSVファイルを開く方法を基礎から解説します。 ダブルクリックだと手っ取り早いけど。コード番号の頭ゼロが飛んでしまって不便!インターネット上からCSVファイルをダウンロードしたら文字化けした!そんなトラブル解決の情報も記載しています。初めてCSVファイルを扱うかたはぜひ!

Excelの「置換」を深掘り!データの入力変更を効率化するなら「置換」で一括処理

エクセル 入力操作

エクセルでのデータ入力の時間短縮に役立つ、置換について深掘り解説。 空白のセルに同じデータを一括入力する、特定の文字を一気に消すといった、コピー&貼り付けではできない、データの一括入力や一括変更ができるので、データ入力作業の時間短縮に役立ちます! 基本的な使い方だけでなく、セル内改行やワイルドカードを使った少しマニアックな方法も紹介しています。

Excelの「やり直し」を深掘り!失敗を無かった事にする小技

エクセル 入力操作

「何か壊しそうで怖い」。エクセルを教えていてよく言われる言葉です。失敗しても気軽に何度もやり直しができれば、安心して使えます。 エクセルの「元に戻す」機能を中心に、上書き保存のタイミングで注意すべき事など、失敗を無かった事にする小技を紹介します。 「元に戻す」機能をWindows全般で使えるようになるには、必ずショートカットキーのCTRL+Zで覚えて下さい。

ピボットテーブルでの定例集計を自動化して業務効率化!【EXCELデータ集計】

エクセル

ピボットテーブルは簡単にデータ集計できる便利な機能ですが、定例の業務で毎回フィールド設定行うのは手間でテンションが下がります。 今回は、マクロなど高度な事は一切使わず、ピボットテーブルでの集計を自動化する方法について説明いたします。 毎月の定例業務なら、そのテンプレートにCSVファイルのデータを貼り付け、「更新」を実行する。たった2つの操作だけで集計表が作れるので楽ですよ。

ページの先頭へ