2017年1月10日をもって、Windows Liveメールのサポートは終了となり、Windows Liveメール(Windows Essentials 2012)のダウンロードもできなくなりました。

マイクロソフトさんのウェブサイトに記載の通り、インストール済みのWindows Liveメールは継続して使う事はできますが、サポート終了したものを使い続ける事は、セキュリティリスクが高くなります。

今すぐやらないと致命的な問題が発生している訳ではなく、メールソフトの変更ってパソコン台数が多いとなかなか大変ですので、対応を先送りしてしまうかも知れません。そもそもWindows Liveメールのサポートが終了したという事すら知らない方も多いのかも知れません。

ですが、サポート終了したWindows Liveメールを使い続ける事はリスクしかありません。メールは最も悪用されるウイルスの感染経路ですので、できるだけ早急に(適切な)対応方法を考えて欲しいという「想い」で書いてみました。

参考:Windows Essentials 2012 リリース ノート
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/13785

Windosw Liveメールを使っている事は相手にわかりますよ

電子メールのヘッダー情報のX-Mailerを見れば、相手がどんなメールソフトを使っているのか簡単に知ることができます

ヘッダー情報は、見ようと思えば誰でもすぐに見る事ができますので、気にせず使い続けた結果

「あ、サポート終了しているWindows Liveメールを使い続けている、セキュリティ意識の低い会社だ・・・」と判断されないようにしたいものですね。

私はセキュリティ面も考慮して、下図のようにメールにX-Mailerを表示するようにしています。

X-Mailerを表示しておく事で、普段と違うメールソフトで送られてきたら、標的型サイバー攻撃の可能性があるかもしれない・・・と判断できるからです。

ヘッダー情報の確認方法

X-Mailerは、「ヘッダーを表示する」や「ソースを表示する」を実行すると確認できます。
どんなメールソフトでも似たような操作方法で確認できます。

ちなみに、Gmailではメッセージのソースを表示をクリックするとヘッダー情報を確認できます。

X-Mailerを探せば、どんな相手がどんなメールソフトを使っているのか確認できます。

ヘッダー情報には色々ありますが、X-Mailerだけ探して下さい。(Gmailなど、X-Mailerが記載されないものもあります。)

秀丸メールをオススメする3つの理由

いずれにせよ、Windows Liveメールはダウンロードすらできなくなりましたので、これから導入するパソコンについては、別のメールソフトが必要になります。

現状と同じ使いかたで、セキュリティファーストで考えるなら、私自身も長年愛用している秀丸メールはいかがでしょうか。
他にも優秀なメールソフトはあると思いますが、秀丸メール以外はあまり使った事がないので・・・。(ステマではありません。)

その1:サイバー攻撃の疑いがあるメールの判別がしやすい

現在急増している標的型攻撃メールは、ウイルス対策ソフトを導入していてもほとんど防御できません
また、送信者を公官庁や取引先であると偽ったり、日本語も自然になり、疑わしいかどうかが判別しづらくなってきています。

下図は、不特定多数に一気に送信する「ばらまき型」メールです。
1年前のものなので、まだパット見で怪しいかどうかの判別はつきますが、こちらもどんどん判別しづらくなっています。
(5の添付ファイルを開くと、ウイルス感染やフィッシング詐欺にある可能性があります。)

セキュリティファーストで考えるなら、このメールが疑わしいかどうかを判別しやすくなるって、ものすごく重要だと思います。

  1. 発信元が表示できるので、上司からのメールなのに発信元が海外になっているといった事がパッと判断できる。
  2. 送信者のメールアドレスも表示されるので、フリーメールからの送信かどうかがパッと判断できる。
  3. 件名に[SPAM]と入るのはプロバイダの迷惑メール対策ですが、秀丸メール独自でも迷惑メールフィルタがあり便利です。
  4. X-Mailerを表示する事で、取引先からのメールだけど「いつもとは違うメールソフトで送られてきている」といった事がパッと判断できる。

こんな情報が表示できる秀丸メールは便利だなーと思います。
メールのヘッダー情報を見ればわかることですが、いちいちヘッダー情報を見るのは大変です。
メールを使っているときに、発信元やメールソフト、送信者のメールアドレスを常に目にしておく事で、「いつもと違う」が判別しやすくなります。


<参考記事>

■秀丸メール-セキュリティを高める設定紹介
http://hide.maruo.co.jp/software/mailsetup/highsec.html

■ここに注目! 「巧妙化する標的型メール」
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/300/218922.html

■巧妙化する日本語ばらまき型メールに注意喚起―J-CSIP
http://it.impressbm.co.jp/articles/-/13768

その2:過去のメールデータの移行が楽

過去のメールデータもまるっと移行する事ができます。移行手順もまとめられていますのでご確認下さい。

■秀丸メール-他のメールソフトからの移行方法
http://hide.maruo.co.jp/software/mailsetup/switching.html

その3:価格もリーズナブル

2017年1月現在、税込2,160円というリーズナブルな価格です。購入後のバージョンアップも無料です。

■秀まるおのホームページ(サイトー企画)-価格(ご購入後のバージョンアップは無料)
http://hide.maruo.co.jp/swreg/price.html

ただ高機能が故に設定が難しい面も・・・

Windows Liveメールには無いような便利な機能も豊富で、セキュリティ面での配慮も行き届いたソフトですが、一つだけ難点を挙げるなら、設定項目が多すぎて確かこんな設定ができたはずだけど・・・を探すのが大変というくらいでしょうか。

他の選択肢は無いの?

Windows Liveメールの代わりという意味では、巧妙化し続けるメール攻撃の被害リスクを減らす面でも秀丸メールがオススメと思っていますが、それ以外の選択肢についてもざっと記載しておきます。

Officeが入っていれば、Outlookが使えます

Officeが入っていればOutlookも選択肢の一つですが、こんな記事を読むと使いづらいですよね。

■メールを開いていないのに感染:Outlookの脆弱性
https://blog.kaspersky.co.jp/bad-badwinmail/9879/

ホームページに公開しているメールアドレスの受信には使わない方が無難ですね。
大抵のパソコンにはOfficeが入っているので、ソフトウェアをインストールする手間もないため、Windows Liveメールの代わりはOutlookになる事が多いのかなーと思います。

無料メールソフトならThunderbirdでしょうか

■Thunderbird — メールをもっと簡単に。 — Mozilla
https://www.mozilla.org/ja/thunderbird/

久々に見たら、カレンダーやToDoも統合されたようですが、メールはメールに特化してシンプルなのが良いのに・・・と思います。

法人向けのメールソフトのShuriken Proも選択肢に

オープン価格ですので価格はわかりませんが、Shuriken Proも良さそうです。
一太郎を作ったジャストシステムさんの製品になります。

■インターネットメールソフト Shuriken Pro 6
http://www.justsystems.com/jp/products/shuriken_pro/

■インターネットメールソフト Shuriken 2016 | ジャストシステム
http://www.justsystems.com/jp/products/shuriken/

※古いバージョンのShurikenは少しだけ使った事があります。

Windows 8.1 以上に組み込まれている無料のメールは問題外

Windows 8.1 以上に無料で組み込まれているメールには、メッセージの振り分け機能すら無く、また過去メールデータのインポート機能も探してみたけど無いようです(POPではなくIMAPでの利用を想定しているっぽい気がします)ので、機能面でちょっとビジネスの現場で使えるとは思えません。

無料だからという選択理由で良いのか?

代わりに使うメールソフトですが、Windows Liveメールが無料だったので、有料ソフトは選択しづらいかも知れません。
ですが、企業で使うなら無料だからという事を選択の理由にして良いのでしょうか?

例えば、外出先でもメール対応する事で、労働時間の短縮や業務を効率化したいならGmail(G Site)が便利です。
メール処理件数が多いなら、有料でも高機能でセキュリティ面でも配慮の行き届いたメールソフトを使った方が業務効率化となり、結果としてコスト削減に繋がります。

業務効率化の面、セキュリティの面、これらも考慮して選択すべきと考えています。