基幹システムの運用マニュアルや、エクセルの集計作業の手順書などを、操作画面を交えて分かりやすく作成するには画面キャプチャが必要になりますが、Print Screenキーによる画面全体のキャプチャしか知らないと、とてつもなく面倒な作業になってしまい、文字だけのわかりづらいマニュアルになる、マニュアル自体作らない、なんて事になりかねません。

わかりやすいマニュアルは、ヘルプデスクの削減や、業務の属人化を防ぐ事にも繋がりますので、画面キャプチャを効率的に行うというのは、マニュアル作り全体で見ても、とても重要な事なんです。

そんな訳では、今回は、Windows標準アプリケーションのSnipping Tool(スニッピングツール)を使った、効率的にマニュアル作りを作るための画面キャプチャのコツについて解説します。

なお、Windows10での使い方の説明になります。
Snipping Tool自体はWindows7/8にもあり、同様の操作でキャプチャはできますが、実装されていない機能もありますので予めご了承下さい。

Snipping Toolの使い方を動画にしました。よろしければ御覧ください。(音声が出ます。)

画面キャプチャはSnipping Toolがオススメ

画面キャプチャを効率的に行うには、個人的には、OneNoteの画面領域の取り込み機能が一番便利と思っていますが、OneNoteがインストールされていないパソコンでは使えないため、誰でも、今すぐ使えて、便利という意味で、Windows標準アプリケーションのSnipping Tool(スニッピングツール)の利用をオススメしています。

Snipping ToolはWindows Vista以降に標準インストールされているアプリケーションですので、もちろん無料で使えます!

なお、ExcelやWordには、スクリーンショット機能がありますが、マルチモニタ環境でないと少し使いづらいので、あまりオススメはしていないです。

エクセルセミナー

Snipping Toolを起動しよう、起動を楽にしよう

Snipping ToolはWindows標準アプリなので、インストール作業も必要ありません。
ただ少しわかりづらい場所にあるので、以下の手順で検索して起動する方法が、簡単でオススメです。

Windows10のスタートボタンの隣にある、検索領域で「sn」と入力して下さい。
全角でも半角でも問題ありません。

検索結果に、Snipping toolが表示されるので、クリックするとアプリが起動します。
(検索結果に複数アプリが表示されてわかりづらい場合は、sniと入力していただくと、Snipping Toolのみに絞りこめるはずです。)

Snipping Toolが起動すると、このようなウインドウが開きます。

Windows7の場合は、スタートをクリックしてから、「プログラムとファイルの検索」の領域に、snと入力して下さい。

Snipping Toolをタスクバーに登録して起動を簡単に!

以下の手順でタスクバーにアイコンを登録すると起動が簡単になります。

Windows10のスタートボタンの隣にある、検索領域で「sn」と入力して、検索結果にSnipping Toolが表示されたら、右クリックして「タスクバーにピン留め」を実行します。

タスクバーにSnipping Toolのアイコンが登録され、クリックすれば起動できるようになります。

タスクバーからSnippng Toolのアイコンを消すには?

タスクバーに追加したアイコンは、右クリックから「タスクバーからピン留めを外す」を実行する事で消すことができます。

アプリケーション自体が消えてしまう訳ではないのでご安心下さい。

Snipping Toolの基本的な使い方

必要な部分だけキャプチャする時は、四角形の領域切り取りで!

Snipping Toolを使う時は、どんな領域をキャプチャーするのかを指定します。
使うのは、ほぼ「四角形の領域切り取り」だけになります。

領域を指定するか新規作成をクリックすると、画面が白っぽくなります。

キャプチャしたい付近をドラッグする事で、指定した領域をキャプチャできます。
下図の場合、赤枠で表示された、部分を切り取りますよ!という形になります。

Snipping Toolのウインドウ内に、キャプチャした画面が表示されます。

範囲指定に失敗した、領域指定を間違えた場合は、もう一度Snipping Toolの新規作成をクリックして下さい。

ワードやエクセルを取り込むには

上記状態で、クリップボードにも保存されていますので、ワードやエクセルを起動して、そのままリボンの「貼り付け」をクリックするか、CTRL+Vでキャプチャした画面を挿入できます。

ワードやエクセルで画像を扱う方法については別途書きたいと思います。

ウインドウやメッセージだけキャプチャしたい

Snipping Toolでは、指定したウインドウだけをキャプチャする事ができます。
ダイアログやメッセージなどの画面キャプチャに便利です。

「ウインドウの領域切り取り」を指定します。

カーソルをキャプチャしたいウインドウの上に移動させます。
赤枠で囲まれた領域(ウインドウ)をキャプチャする事ができます。

ショートカットキーのALT + PrintScreenで、アクティブウインドウだけをキャプチャする事ができます。

画像ファイルとして保存できるのもメリット

Snipping Toolのウインドウ内に表示されている画像は、そのままpngやjpegといった画像ファイルとして保存する事ができます。

「切り取り領域の保存」をクリックします。

ファイル名を付けて保存して下さい。
ファイルの種類は、PNG形式のままで構いません。

キャプチャした画面を保存できると・・・
・エラーメッセージをシステム管理者にメールする。
・グループウェアで、ちょっとした設定方法を共有したい。

こんな時にも便利です。

システム管理経験者から言わせていただくと、パソコンを使っていて見慣れないメッセージが出たら、そのまま閉じるのではなく、画面キャプチャしてファイルとして保存しておくと問題解決に役立つのでオススメです。

Windows10以降は遅延機能で、ほとんどの操作がキャプチャ可能に!

Windows10のSnipping Toolから遅延機能がつきました。(Windows7/8のSnipping Toolにはありません)

遅延で5と設定すると、新規作成をクリックしてから5秒後にキャプチャ処理が開始になります。

5秒以内にキャプチャしたい画面を表示させなければいけないので、少し忙しいです。

例えば、右クリックで表示されるメニューの場合、Snipping Toolで遅延を5に設定し、新規作成をクリックします。(領域は四角形で)

右クリックのメニューを表示させるなど、キャプチャしたい画面を表示させ、キャプチャ開始まで待ちます。
キャプチャ処理が開始になると、画面全体が白っぽくなります。
この時点で、画面が固定されますので、ドラッグしてキャプチャしたい範囲を指定します。

遅延機能には、指定した秒数、キャプチャを開始する時間を遅らせる機能と、キャプチャを開始した時に、その時点の画面を固定する機能があります。
この遅延機能を使うことで、Windowsでの操作のほぼ全てをキャプチャする事ができます。

指定した範囲の画面をキャプチャするという、シンプルなアプリで、使い方も簡単ですのでぜひ使ってみて下さい。

業務改善サポート