企業ホームページの運用管理をサポートします

見込客アップ

ホームページは運用が最も重要と言われていますが、コーポレートサイト(企業自身の公式サイト)の運用管理って、何をすべきかご存知でしょうか?

現実問題として、ホームページを新規開設した後や、リニューアルした後は無関心になりがちです。ですが運用管理を放置していると結構危険なんです。

例えば、せっかく費用と時間をかけてホームページをリニューアルしたのに、アクセス数が半分に減っていたらどう思いますか?
アクセス数が半減した事に気づかないままで何年間も過ごしていた。なんてイヤですよね。

また、「管理を疎かにしてドメインの期限切れに気づかず、乗っ取られてしまった。」なんて事も実際に起きています。さらに、古いCMSを放置し続けた結果、セキュリティ意識が低い会社と判断されてしまうかも知れません。

「ホームページは一度作ったら後は何もしなくて良い・・・」という考えは、もうリスクでしかありません。

効率的な運用管理をサポートします

では、ホームページ運用管理って具体的に何をすべきなのでしょうか?
当社は、以下の5つを重点に、企業ホームページ運用管理のサポートいたします。

総務人事の事務効率化から、企業ホームページの戦略的活用(運用管理や担当者育成)までワンストップでサポートする事ができます。

なお、ネットショップなどの運用サポートは行っておりません。

このような企業にお勧めです

  • 紙の会社案内・カタログの置き換えとしてのホームページから脱却したい。(リニューアルを予定している)
  • もっとホームページを活用したいけど、制作会社と「見栄え」や「文章」の話しかできない。
  • アクセス解析データを活用し、売上アップや見込客アップのヒントにしたい。
  • 新卒採用の特設サイトを作ったが、どれだけ効果が出ているのか測定していない。
    もっと良くするにはに何を改善すべきかデータで把握したい。
  • ライバル企業と比較して、検索で上位(優位)になるための具体的方法を知りたい。
  • 総務の事務を効率化して、ホームページなど売上や採用に貢献できる業務に時間を使いたい。
  • 検索エンジンやスマートフォン対応など変化が激しくてついていけない。

セカンドオピニオンとして

運用管理にご興味がございましたら、まずは、現在お取引している制作会社にご相談いただく事をお勧めします。

当社は、長年上場企業のコーポレートサイトの運用管理を行ってきたため、ホームページ制作会社とは違った、運営者側の視点で、客観的な意見や情報提供ができますので、セカンドオピニオンとしてご検討いただけると幸いです。

ホームページ診断について

ホームページに限らず、何かを改善するなら、まず現状を数字で把握するはずです。

例えば、残業時間が問題になっているとします。
管理部の残業は月間で220時間。
そのうち経理課は6人×平均30時間=180時間(81.8%)、総務課は4人×平均10時間=40時間(18.2%)。
さらに経理課は前年比で112.5%の20時間の残業時間が増加している。

この例なら、経理部の残業削減(業務効率化)に集中すべきと判断できます。

このように、現状を具体的数字で把握し、前年や計画(目標)と比較する、推移を見る事で、何を集中的に改善すれば効果的か瞬時に判断できるのです。
製品別の売上や、担当者別の売上なども同様ですよね。

ホームページ運営も同じ事で、アクセス解析で現状を具体的数字で知る事が、有効活用の第一歩になります。

当社では、まず無料ツール(GoogleアナリティクスGoogle サーチコンソールGoole データスタジオ)を活用したアクセス解析で、御社のホームページが「現状どのような役割を果たしているのか」を診断いたします。

検索エンジン対策(SEO)について

SEOを通じ、会社名や製品・サービス名を知らない人のアクセス数を増やし、売上アップのヒントや見込客アップに繋げるためのホームページ運営をサポートいたします。

そもそもSEOって必要なの?

会社名や製品・サービスを全く知らない人が、ホームページにアクセスしてくれて、月1件でも販売に結びついたら・・・。
そんな、「売上アップや見込客アップに少しでも貢献したい」という目的があるなら、SEOってとても大切な事です。
これがホームページの重要な役割の一つと考えています。

白取

私自身の失敗談でもありますが、情シスがホームページ担当になると、技術的なことは理解しやすいのですが、広告宣伝という面では素人ですので、そもそも売上アップや見込客アップに貢献するという視点が欠けてしまう場合があります。

実は運営サイトでの失敗に、ずっと気づいていませんでした

私自身も、内容が充実していればSEOなんて・・・と思っていましたが、運営サイト SILAND.JP で、勉強がてら検索エンジン対策を実施したところ、なんと検索によるアクセス数が最大約8倍になりました。
今はもっと速く知っていたらと少し後悔しているくらいです。

2004年から公開している、「スケテン for Excel」という、Excelカレンダー・スケジュール表の無料テンプレートの紹介ページを例に、どんな失敗や対策をしたのか、いくつかご紹介いたします。

ページタイトルが固有名詞のみになっていた!

これは、紙のカタログと同様の感覚でホームページを制作すると犯しやすい失敗なのですが、ページタイトルを固有名詞にしてしまった事です。

どういう事かと言うと、「スケテン for Excelの特長」、「スケテン for Excel ダウンロード」と、スケテン for Excelという名前を知らない人は、絶対検索する事がない固有名詞を、検索に重要なページタイトルに設定していたのです。

対策としては、ページ毎にどんなキーワードで検索されているのか調べ、「カレンダー」「スケジュール表」といった一般名詞をページタイトルに設定しました。

このページは、どんなキーワードで検索されて、閲覧開始となっているのか知りたい場合は、Google Search Consoleを使います。(Googleで検索されたものだけになります。)

Search Console ランディングページ

白取

御社のホームページのページタイトルは、会社名や、自社オリジナルの製品名、サービス名といった固有名詞だけになっていないでしょうか?

アクセスした人の利便性を考えました

スケテン for Excelは、20種類以上のExcelカレンダーを収録しています。
テンプレートを探している人が、ホームページにアクセスした時、瞬時に「使えそう」かどうかを判断できる。
そんな利便性が出るように、どのようなデザインがあるのかサムネイルを表示するようにしました。

これ自体がSEOにどれだけ貢献したのかは測定できませんが、アクセスした人に必要な情報を届ける、利便性を考慮したホームページ制作が重要だと考えています。

白取

紙のカタログをベースに製品やサービス紹介を作ると、「ホームページにアクセスした人の事を考える」という視点が欠けてしまいます。
特に、情シスのような技術系の人は、「正確で多くの情報を載せる事」に集中してしまう傾向があります。(私の事です)

結果はどうなった?

他にも対策は色々やったのですが、結果どうなったのかと言うと・・・

下図はスケテン for Excelのページ(/sche-tem/index.html)が閲覧開始となったアクセス数の推移になります。
SEO実施後に、急激に増えている事がご理解いただけると思います。

SEOによるアクセス数アップ

SEO実施前は月間1,100セッションだったものが、実施後には最大8,200セッションと、最大約8倍になりました。
これは、「Excel スケジュール表」に関連するキーワード検索でのアクセス数が、最大約8倍になったという事を意味しています。

白取

当社コンテンツは、検索で比較的上位に表示されます。
「マニュアル ワード」「マニュアル テンプレート」「説明書 テンプレート」で検索してみて下さい。
GoogleでもYahooでも1位か2位に、私が制作したテンプレートが表示されます。

関係者全員でアクセス状況を共有!

ホームページの目的に応じたアクセス解析のレポート作成や、毎週毎月のレポート作成の効率化についてサポートする事ができます。

定期レポートはデータスタジオで簡単共有

定期的にチェックする項目は、GoogleデータスタジオやGoogle アナリティクスのカスタムレポートでレポート作成いたします。

Googleデータスタジオは、URLにアクセスするだけで、下図のようなレポートを見る事ができるため、関係者全員での共有にも便利です。

データスタジオのレポート

エクセルでのデータ集計やレポート作成

Googleデータスタジオでは、目標との比較や3年間分の比較といったレポートは作る事ができません。
エクセルでのレポート作成が必要となった場合も、当社はデータ集計や資料作成を得意としていますのでお任せ下さい。ホームページ担当者の負担を極力増やさず、データに基づいたホームページの有効活用をサポートいたします。

ウェブ担当者の育成をサポート

ホームページの表面上の見栄えだけでなく、「どういう人のアクセス数を増やしたいか?」「売上アップに活かすために何をしたら良いか?」「ライバル企業より優位にたつには何をすれば良いか?」と言った事を、ホームページ制作会社と議論できる担当者の育成をサポートします。

IT専門家で無い方でも、SEOやアクセス解析、HTML/CSSなどの技術的な事も含め、ホームページ活用に必要不可欠な事を、基礎からじっくり習得していただく事ができます。

負担をかけない管理

ホームページ運営には様々なサービス利用しますが、きちんとアカウントや有効期限を管理しているでしょうか?
万が一、ホームページの改ざんの被害にあった時、「何もわかりません」では済まされません。
管理と言うと、みんな嫌な顔をしますが、最低限の管理を行う事は、情報資産を保護するためには必要な事になります。

担当者に極力負担をかけない、必要最低限の運用管理をサポートします。

お取引について

当社では、経理総務の事務効率化も含めた、企業ホームページ運用管理をサポートしております。

人事総務の事務効率化で削減できた時間を、「売上アップや採用活動に貢献できる企業ホームページ運営に使う」といった面で、貴社に貢献できると考えています。お気軽にご相談下さい。

ページの先頭へ